マックスベルトシリーズの
保険適用について

保険適用について

マックスベルトは処置にあたってご利用いただいた際に腰部固定帯として診療報酬の請求が可能です。
患者様に腰部固定帯を処方された場合は、「J119-2 腰部又は胸部固定帯固定(1日につき)35点」に「J200 腰部・胸部又は頚部固定帯加算(初回のみ)170点」を加えて請求できます

J119-2 腰部又は胸部固定帯固定 (1日につき)35点

  1. 腰痛症の患者に対して腰部固定帯で腰部を固定した場合又は骨折非観血的整復術等の手術を必要としない肋骨骨折等の患者に対して、胸部固定帯で胸部を固定した場合に1日につき所定点数を算定する。

  2. 同一患者につき同一日において、腰部又は胸部固定帯固定に併せて消炎鎮痛等処置、低出力レーザー照射又は肛門処置を行った場合は、主たるものにより算定する。

  3. 区分番号「C109」在宅寝たきり患者処置指導管理料を算定している患者(これに係る薬剤料又は特定保険医療材料料のみを算定している者を含み、入院中の患者及び医療型短期入所サービス費又は医療型特定短期入所サービス費を算定している短期入所中の者を除く。)については、腰部又は胸部固定帯固定の費用は算定できない。

J200 腰部、胸部又は頸部固定帯加算 (初回のみ)170点

  1. 本加算は、それぞれの固定帯を給付する都度算定する。なお、「固定帯」とは、従来、頭部・頸部・躯幹等固定用伸縮性包帯として扱われてきたもののうち、簡易なコルセット状のものをいう。

  2. 胸部固定帯については、肋骨骨折に対し非観血的整復術を行った後に使用した場合は、手術の所定点数に含まれており別途算定できない。

令和4年厚生労働省告示および関連通知より一部抜粋

レセプト記入方法

レセプト記入方法

マックスベルトシリーズの
ラインアップ

4つのシリーズで豊富なラインアップを取り揃えております。

Rシリーズ:腰部全体を包み込み、適度な圧迫と保温性で腰部をサポート
meシリーズ:通気性を重視したメッシュタイプ
Specialタイプ:機能性を重視し、サポート対象に特化
Sシリーズ:快適性と動きやすさを重視したスポーツタイプ

マックスベルトシリーズに
関するお問い合わせ

製品の仕様、規格に関するお問い合わせ、カタログ・サンプルのご依頼

通話無料TEL0800-222-6122受付時間 9時~17時(平日)※土日、祝日、年末年始を除く

受付時間 9時~17時(平日)※土日、祝日、年末年始を除く

お問い合わせ 製品カタログ

このサイトは、国内の医療関係者の方へ情報を提供することを目的として作成されています。医療関係者以外の一般の方並びに日本国外の医療関係者の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

あなたは
医療関係者ですか?

「いいえ」をクリックすると、日本シグマックスの公式サイトにリンクします。

25_メルマガ登録