ギプス包帯 専門ギプスシーネ+シーネホルダー

ギプスシーネの固定力とサポーターの快適性
2つの機能を掛け合わせた(=ハイブリッド)新しいギプス包帯。

固定力
快適性

骨折や靭帯損傷の治療に欠かせないギプス固定。

しかし
「ギプス巻きは時間も手間もかかる」
「ギプスは不要だけれど、サポーターでは固定力が弱い」
「患者さんが少しでも快適に過ごせる製品はないか」


このようなお悩みを持ったことはありませんか?
ハイブリッドシーネシリーズは、そんな医療現場の声から誕生したシリーズです。

シリーズ共通特長

ハイブリッドシーネシリーズの4つの特長

基本構成

ハイブリッドシーネシリーズは、専用ギプスシーネとサポーター型のシーネホルダーがセットになった、「ギプスシーネ」と「サポーター」それぞれの強みを持った製品です。

  • ニー

    イメージ
  • リスト

    イメージ
  • アンクル

    イメージ

ハイブリッドシーネ ニーには強度の高いグラスファイバー製のギプスシーネを使用。
ハイブリッドシーネ リストハイブリッドシーネ アンクルは、患者様それぞれの手足にしっかりフィットして固定するよう、患部の形状に合わせた専用ギプスシーネを使用しています。

ギプスシーネだけでは固定力に不安が…

ギプスシーネだけで関節の様々な動きを抑制するのは難しい

イメージ

高い固定力

ギプスシーネの固定力に加え、サポーター型のシーネホルダーがギプスシーネのズレやゆるみを防ぎます。
さらにシーネホルダーに配置されたアルミステーやストラップは、良肢位の確保や動揺性の抑制を効果的に行います。

  • ニー

    イメージ

    両側に配置されたアルミステーが側方動揺を抑制。さらに、伸展位か軽度屈曲位(約20°)の目的とする角度での固定が可能です。

  • リスト

    イメージ

    手のひら側にギプスシーネ、甲側と小指側にアルミステーを配置。手関節の掌背屈・回内外・尺屈の動きを抑制します。

  • アンクル

    イメージ

    距骨前面でクロスするストラップが前方動揺性を抑制。両側のギプスシーネを連結するヒールストラップがサポート効果を高めます。

忙しい外来でシーネの包帯巻きは時間が掛かる…

ギプス材料は経過に合わせて新たに巻き直しが必要

イメージ

スピーディーで効率的な処置

濡らしたギプスシーネをシーネホルダーにセットし、サポーターのように装着するだけの3ステップで処置が可能なので、包帯巻きの手間や樹脂による手の汚れがありません。
またシーネホルダーを装着し直したり、アルミステーやギプスシーネを取り外すことによって、新たに巻き直しをすることなく固定力の調整が可能です。

STEP1

ギプスシーネを水につけ、余分な水分を切る

  • イメージ
  • イメージ
STEP2

ギプスシーネをホルダーにセット

  • ニー

    イメージ
  • リスト

    イメージ
  • アンクル

    イメージ
STEP3

シーネホルダーを患部に装着し、モールディング

  • ニー

    イメージ
  • リスト

    イメージ
  • アンクル

    イメージ

ギプス材料は腫れやゆるみへの対応が気になる…

日常生活を快適に送ってもらいたい!

イメージ

患者様目線の快適性

症例に合わせたラインナップと、患部の形状や日常生活を考慮したデザイン。

  • ニー

    イメージ

    症例に合わせて伸展位と軽度屈曲位での固定が可能。
    膝裏パッドはクッション性を高くし、ギプスシーネの当たりを軽減します。
    膝上のストラップには伸縮ゴムを採用して、気になるずり落ちを最小限に。

  • リスト

    イメージ

    ショートタイプとロングタイプの2種類を用意。症例に合わせて使い分けることで患部を適切に固定します。
    シーネホルダーは把持運動がしやすいよう手のひら側の形状を工夫しました。

  • アンクル

    イメージ

    フロントオープン形状で腫脹がある足にもしっかりフィット。
    またシーネホルダーには薄い素材を採用したことで、全体的にかさばりが少なく靴を履きやすい仕様になりました。

ラインナップ

ハイブリッドシーネ ニー(膝関節専用)

用途:膝関節の骨折、膝関節の靱帯損傷、膝関節の手術後における膝関節の固定

伸展タイプ

イメージ

屈曲タイプ

イメージ
種類 品番 適用範囲(大腿周囲) 参考地(前腕最大周囲) 製品丈
伸展タイプ S 198001 35cm 〜 41cm 26cm以上 48cm
M・L 198002 41cm 〜 53cm 26cm以上 48cm
LL 198004 53cm 〜 65cm 26cm以上 48cm
屈曲タイプ S 198101 35cm 〜 41cm 26cm以上 48cm
M・L 198102 41cm 〜 53cm 26cm以上 48cm
LL 198104 53cm 〜 65cm 26cm以上 48cm
  • 大腿周囲に合わせて選んでください。
  • 大腿周囲は膝蓋骨の中心から10cm上を計測してください。
  • 計測値が2サイズのさかいになった場合は、大きい方のサイズを選んでください。

※股下の大腿長は参考値です。股下の大腿長は膝蓋骨中心から股のつけ根までの長さを計測してください。

医療機器分類:一般医療機器
医療機器届出番号:13B2X00187000045

ハイブリッドシーネ リスト(手関節専用)

用途:手関節および前腕部の固定

ショートタイプ

イメージ
種類 品番 適用範囲(手くび周囲)
右S 198301 12.5cm ~ 14.5cm
右M 198302 14.5cm ~ 16.5cm
右L 198303 16.5cm ~ 19.0cm
左S 198311 12.5cm ~ 14.5cm
左M 198312 14.5cm ~ 16.5cm
左L 198313 16.5cm ~ 19.0cm

ロングタイプ

イメージ
種類 品番 適用範囲(手くび周囲) 参考値(前腕最大周囲)
右S 198401 12.5cm ~ 14.5cm 19.5cm ~ 21.8cm
右M 198402 14.5cm ~ 16.5cm 21.8cm ~ 25.0cm
右L 198403 16.5cm ~ 19.0cm 25.0cm ~ 27.5cm
左S 198411 12.5cm ~ 14.5cm 19.5cm ~ 21.8cm
左M 198412 14.5cm ~ 16.5cm 21.8cm ~ 25.0cm
左L 198413 16.5cm ~ 19.0cm 25.0cm ~ 27.5cm
  • 手くびの周囲に合わせて選んでください。
  • 手くびの周囲は一番細いところを計測してください。
  • 計測値が2サイズのさかいになった場合は、大きい方のサイズを選んでください。

医療機器分類:一般医療機器
医療機器届出番号:13B2X00187000046

ハイブリッドシーネ アンクル(足関節専用)

用途:靭帯損傷における足関節の固定、足関節術後の足関節の固定

イメージ
種類 品番 適用範囲(ヒール囲)
S 198201 27cm ~ 30cm
M 198202 30cm ~ 33cm
L 198203 33cm ~ 36cm
イメージ
  • ヒール囲に合わせて選んでください。
  • ヒール囲はかかとと足首前方を通る周囲を計測してください。
  • 計測値が2サイズのさかいになった場合は、大きい方のサイズを選んでください。

医療機器分類:一般医療機器
医療機器届出番号:13B2X00187000047

保険情報

ハイブリットシーネシリーズはギプス包帯としてご利用いただける製品です。

第9部 処置一ギプス

  • (1)

    既装着のギプス包帯をギプスシャーレとして切割使用した場合は各区分の所定点数の100分の20に相当する点数を算定する。

  • (2)

    区分番号J123からJ128までに掲げるギプスをプラスチックギプスを用いて行った場合は当該各区分の所定点数の100分の20に相当する点数を加算する。

  • (3)

    6歳未満の乳幼児に対して区分番号J122からJ129-4までに掲げるギプスの処置を行った場合には、乳幼児加算として、当該各区分の所定点数の100分の55に相当する点数を所定点数に加算する。

ギプス料

J122 四肢ギプス包帯
1 鼻ギプス 310点
2 手指及び手、足(片側) 490点
3 半肢(片側) 780点
4 内反足矯正ギプス包帯(片側) 1,140点
5 上肢、下肢(片側) 1,200点
6 体幹から四肢にわたるギプス包帯(片側) 1,840点

令和2年厚生労働省告示および関連通知より一部抜粋

シグマックスの骨折マネジメント

日本シグマックスでは骨折治療のお役に立つ様々な製品やコンテンツをご用意しております。