サポートしたいのは、活動する喜びです。 MAXBELT 腹部固定帯 豊富なラインナップで、様々な使用シーンにフィットします。 サポートしたいのは、活動する喜びです。 MAXBELT 腹部固定帯 豊富なラインナップで、様々な使用シーンにフィットします。

CONCEPT 腰への不安のない、
積極的に
カラダを
動かせる環境を提供したい。
そして、気持ちまでも
ポジティブになってほしい。

1980年に発売してから約40年、腰の痛みを抱える中でも生活をよりアクティブに楽しむことをサポートするために開発されたのがマックスベルトシリーズです。
年間約123万枚の販売実績がございます。

素材、構造、サイズなど豊富なラインナップを揃えているのも、多くの人の様々な使用シーンにおいてサポートしたいという思いからです。
進化し続ける医療現場において、高い期待に応えるためにも、品質・機能の向上に磨きをかけ、さらなる充実を目指していきます。

※2019年度の販売実績

固定力、動きやすさ、過ごしやすさを兼ね備え生活をポジティブに楽しむことを実現します。
マックスベルトは長年多くの皆様にご愛顧いただいております。

※発売当時(1980年代)のチラシ

用途に合わせて選べる
豊富なラインナップ

マックスベルトは様々なニーズにお応えするため、豊富なラインナップをご用意しております。

サポート力の比較表はこちら

製品共通特長

ステー

  • S字軽量ステーイメージ画像
    腰にフィットするS字軽量ステー

    対象商品

    • R1
    • R2
    • R3
    • me2
    • me black
    • me3
    • se

    腰の曲線にフィットするS字型で、支持力の強い長尺タイプです。ステー各部の厚さを変えることで、支持力と軽量化の両立を図りました。

  • ソフトタイプのプラスチックステーイメージ画像
    ソフトタイプのプラスチックステー

    対象商品

    • me1
    • S1
    • S2

    me1は、装着時の活動性を損なうことがないように、適度な柔軟性を備えたプラスチックステーを2本内蔵しています。
    S1、S2は、運動時のサポートを目的とした、しなやかで耐久性に優れたフラットなプラスチックステーを内蔵しています。

  • 背部に強度に優れたステーを2本配置
    me2 HC用のS字軽量ステー

    対象商品

    • me2 HC

    弊社従来品のS字軽量ステーより約1.7倍※1厚くし、強度が約2倍アップ。よりしっかりと腰部をサポートします。

    ※1 ステーの最も厚い部分での図面上での比較。

  • FRの前合わせ部のステーイメージ画像
    FRの前合わせ部のステー

    対象商品

    • FR

    FRの前合わせ部にはプラスチック製のステーを2本内蔵し、前屈の動きを抑えます。背部には4本のソフトステーを内蔵し、フィット性を高めています。

  • S3の長尺アルミステーイメージ画像
    S3の長尺アルミステー

    対象商品

    • S3

    S3の背部には、耐久性に優れた幅の広いフラットなプラスチックステーを内蔵し、長尺のアルミステー4本を配置。丈の長い背当て部、固定ストラップと合わせて腰部の伸展の動きを制限します。アルミステーは必要に応じて取り外しが可能です。

補助ベルト

  • 一部の商品には、圧迫力を補強する補助ベルトが付いています。
    圧迫力を補強する補助ベルト付き

    対象商品

    • R2
    • R3
    • me1
    • me2
    • me black
    • me3
    • se

    背部から体にそって圧迫力を補強する補助ベルトを装備しています。

  • 補助ベルトは簡単に装着できます。
    一体型補助ベルトで簡単装着

    対象商品

    • me2 HC
    • S1
    • S2
    • S3

    補助ベルト連結ゴムにより、補助ベルトの背面への垂れ下がりを防ぎ、背部に腕を回すことなく補助ベルトをとめることができます。また、S2は非伸縮素材と連結させ、かさばりを抑えた形状になっています。

その他の特長

  • 商品画像
    ラテックスフリー

    対象商品

    • 全商品

    より多くの方にご利用いただけるよう製品の資材は、天然ゴム(ラテックスを含む)を使用せず、全製品ラテックスフリーにしました。

  • 製品タグ画像
    上側表示

    対象商品

    • 全商品

    製品のサイズタグに矢印を入れ、製品の上下を分かりやすく表示しました。

  • 圧迫力を高めるために折り返し二重構造を採用しています。
    折り返し二重構造

    対象商品

    • me2
    • me black
    • S1
    • S3

    骨盤部分の伸縮メッシュ素材を折り返して二重構造にすることで圧迫力を高めています。

よくあるご質問

  • Q初めてマックスベルトを処方する場合は、どのタイプを選べばよいか?

    meシリーズのme2です。SS-5Lまでの豊富なサイズ展開をしております。また、me(エムイー)とはメッシュ素材という意味で通気性のよいシリーズになります。
    その他、各シリーズのサイズや形などは上記ラインナップをご覧ください。

  • Q黒色の商品を処方したい

    me blackとSシリーズです。
    me blackはmeシリーズの中でも汎用性の高い特長を組み合わせて黒色で開発した商品です。
    Sシリーズは、スポーツタイプで、特に「動きやすさ」と「快適性」を重視した商品です。また、SシリーズのS1、S2は幅が狭いため、動きやすい設計になっております。

  • Q腰を支える支柱(ステー)は使用しているか?

    多くの商品は2本の樹脂製の支柱(ステー)が入っております。
    S3は樹脂製の支柱(ステー)4本に加えて、取り外し可能なアルミ製の支柱(ステー)が4本入っております。SHORTのみ支柱(ステー)は入っておりません。
    ※樹脂製の支柱(ステー)は取り外しができません。

  • Q固定力が高い商品を処方したい

    R、me、Sのそれぞれのシリーズは数字が大きくなるにつれ、固定力が高まります。(R1→R2→R3など)
    meシリーズよりはRシリーズの方が本体生地にコシのある生地を使用しているため同じ数字でもサポート力があります。
    支柱(ステー)の本数はS3が8本、R3が4本とラインナップの中でも多く使用しています。

  • QSpecialタイプとはどのような特長があるか?

    Specialタイプの3つの商品はいずれも特長が異なります。以下をご参考ください。

    • ・FRは前面から体幹をサポートし、前屈の動きを抑制します。
    • ・seは圧迫力を調節できる補助ベルトに加えて骨盤部分を圧迫する骨盤ベルトも組み合わせることで骨盤部分のサポートも両立させています。
    • ・SHORTは幅が狭く骨盤部分を圧迫・サポートします。
  • Q日常生活で透けにくく動きやすいものを処方したい

    me1をオススメいたします。背部の縦幅が他商品よりも狭くなっており、薄手のメッシュを使用しています。また、下端部分を曲線のカットにすることで浮きが出にくくアウターに響きにくくなっています。動きやすさを重視される場合にはSシリーズはスポーツ使用を想定しており、支柱(ステー)の配置や製品幅が動きやすく設計しています。

  • Qme2、me2 HC、me blackの違いは何か?

    スタンダードなme2を基本に、me2 HCは支柱(ステー)の厚みと前面の硬質メッシュの強度を上げたことによって、全体的に固定力を上げています。
    me blackはme2より前面の硬質メッシュの強度が上がり、黒色になった商品です。

  • Q冬用や夏用などの商品ラインナップはあるか?

    季節に合わせた商品はありませんが、1年通じて通気性のよい商品が望まれることが多いため、me2がマックスベルトシリーズの中でも季節を問わずご愛用いただいていることが多いです。また、Rシリーズは本体がコシのある生地になっているため、冬場に保温性を求める方にお使いいただくことが多いです。

  • Q現在販売終了してしまった商品の後継品を知りたい

    2019年に販売終了した商品につきましては、それぞれ近いタイプとして以下の商品をご紹介しております。それ以前の商品変更につきましては、ご要望に合わせてご提案をしておりますのでお問合せいただけますと幸いです。

    • ・E2:me1が製品仕様が全く同一の商品で商品名のみ変更になっております。
    • ・旧me1:現me1が薄手のメッシュタイプとして近い商品になります。
    • ・SOFT:R1が補助ベルトの無い本体のみの商品としてご提案しております。支柱(ステー)が無い商品をお望みでしたらSHORTがありますが、幅や固定方法が異なります。
    • ・me white:me2 HCが前合わせの硬質メッシュなど近い商品です。支柱(ステー)の強度が上がりますのでme whiteよりも固定力は全体的に強くなります。
  • Q文献などの資料はあるか?

    下記文献をご参考ください。

    「急性腰痛症における腰部固定帯の効果 -表面筋電図による検討-」

    • ■掲載雑誌:臨床整形外科 第32巻第8号別刷
    • ■発行年月:1997年8月25日
    • ■出版社:医学書院

    ※文献については、こちらもご参照ください。

装着方法

※装着において、以下内容をポイントにして
患者様向けにご活用ください。

  • 製品の裏側には製品タグが付いています。

    ①ベルトの上下は、タグが『↑↑↑』になるよう装着してください。

  • 製品タグとへその高さが同じになるよう装着してください。

    ②本体前合わせ部の上端とへその位置が同じ高さになるよう当ててください。

補助ベルトがある商品は最後に補助ベルトを装着します。
※補助ベルトがある場合は、最後に補助ベルトを引っ張り、前合わせ部にとめます。

※マックスベルトの種類によって装着方法が多少異なりますので、必ずパッケージ裏面(一部商品は別添)の使用説明書をご確認ください。

保険情報

マックスベルトは処置にあたってご利用いただいた際に腰部固定帯として診療報酬の請求が可能です。
患者様に腰部固定帯を処方された場合は、「J119-2 腰部又は胸部固定帯固定(1日につき)35点」に「J200 腰部・胸部又は頚部固定帯加算(初回のみ)170点」を加えて請求できます。

  • J119-2 腰部又は胸部固定帯固定 (1日につき)35点

    (1) 腰痛症の患者に対して腰部固定帯で腰部を固定した場合又は骨折非観血的整復術等の手術を必要としない肋骨骨折等の患者に対して、胸部固定帯で胸部を固定した場合に1日につき所定点数を算定する。
    (2) 同一患者につき同一日において、腰部又は胸部固定帯固定に併せて消炎鎮痛等処置、低出力レーザー照射又は肛門処置を行った場合は、主たるものにより算定する。
    (3) 区分番号「C109」在宅寝たきり患者処置指導管理料を算定している患者(これに係る薬剤料又は特定保険医療材料料のみを算定している者を含み、入院中の患者及び医療型短期入所サービス費又は医療型特定短期入所サービス費を算定している短期入所中の者を除く。)については、腰部又は胸部固定帯固定の費用は算定できない。

  • J200 腰部、胸部又は頸部固定帯加算 (初回のみ)170点

    (1) 本加算は、それぞれの固定帯を給付する都度算定する。なお、「固定帯」とは、従来、頭部・頸部・躯幹等固定用伸縮性包帯として扱われてきたもののうち、簡易なコルセット状のものをいう。
    (2) 胸部固定帯については、肋骨骨折に対し非観血的整復術を行った後に使用した場合は、手術の所定点数に含まれており別途算定できない。

2020年4月現在
 厚生労働省告示及び関連通知より一部引用

レセプト記入方法はこちらをご確認ください。

お役立ち情報

患者様に正しく製品をお使いいただくための
サポートツールをご用意しています。

  • マックスベルト専用メジャー使用イメージ
    マックスベルト専用メジャー

    オリジナルデザインの腹囲測定用メジャーです。
    マックスベルトのサイズ選定時にぜひご利用ください。

  • 小冊子の表紙と内容
    小冊子【腰痛になってしまったら!】

    腰痛に関する患者様向けの小冊子です。
    腰痛時の注意事項、予防のポイントやストレッチ法をご案内しております。

患者様への処方を
ご検討中の方はこちら

その他ご不明な点やご質問等がございましたら、お手数ですが以下までご連絡ください。

お客様窓口

受付時間:9時~17時
(※土日、祝日、年末年始を除く)

サポート力比較表