シグマックス総合カタログ20
92/124

902020 GENERAL CATALOGUE弊社製品に関する保険情報腰部/胸部頸部固定帯処置にあたってご利用いただいた際に、 カラーキーパーシリーズ:頸部固定帯/リブバンドシリーズ:胸部固定帯/マックスベルトシリーズ:腰部固定帯として下記の診療報酬請求が可能です。※ただし肋骨骨折等に対し、非観血的整復術を行った場合は除く対象商品:カラーキーパーシリーズ、マックスベルトシリーズ、リブバンドシリーズJ119-2 腰部又は胸部固定帯固定(1日につき) 35点(1) 腰痛症の患者に対して腰部固定帯で腰部を固定した場合又は骨折非観血的整復術等の手術を必要としない肋骨骨折等の患者に対して、胸部固定帯で胸部を固定した場合に1日につき所定点数を算定する。(2) 同一患者につき同一日において、腰部又は胸部固定帯固定に併せて消炎鎮痛等処置、低出力レーザー照射又は肛門処置を行った場合は、主たるものにより算定する。(3) 区分番号「C109」在宅寝たきり患者処置指導管理料を算定している患者(これに係る薬剤料又は特定保険医療材料料のみを算定している者を含み、入院中の患者及び医療型短期入所サービス費又は医療型特定短期入所サービス費を算定している短期入所中の者を除く)については、腰部又は胸部固定帯固定の費用は算定できない。J200  腰部、胸部又は頸部固定帯加算(初回のみ) 170点(1) 本加算は、それぞれの固定帯を給付する都度算定する。なお、「固定帯」とは、従来、頭部・頸部・躯幹等固定用伸縮性包帯として扱われてきたもののうち、簡易なコルセット状のものをいう。(2) 胸部固定帯については、肋骨骨折に対し非観血的整復術を行った後に使用した場合は、 手術の所定点数に含まれており別途算定できない。≪令和2年厚生労働省告示および関連通知より抜粋≫肺血栓管理肺血栓塞栓症の予防を目的として行う処置にご利用いただいた際に、入院中1回に限り「B001-6 肺血栓塞栓症予防管理料 305点」の算定が可能です。※処置に用いた機器及び材料の費用は所定点数に含まれる。対象商品:ケアスロン、ATストッキングB001-6 肺血栓塞栓症予防管理料 305点注1: 病院(療養病棟除く。)又は診療所(療養病床に係るものを除く。)に入院中の患者であって肺血栓塞栓症を発症する危険性が高いもの(結核病棟に入院中の患者においては手術を伴うもの、精神病棟に入院中の患者においては治療上必要があって身体拘束が行われているものに限る。)に対して、肺血栓塞栓症の予防を目的として、必要な機器又は材料を用いて計画的な医学管理を行った場合に、当該入院中1回に限り算定する。注2:肺血栓塞栓症の予防を目的として行った処置に用いた機器及び材料の費用は、所定点数に含まれるものとする。※正式な診療報酬に関する情報などは、厚生労働省の告知・通知・診療報酬点数表などをご確認ください。※マークは当社独自のものです。

元のページ  ../index.html#92

このブックを見る