• 超音波診断装置
  • 汎用超音波画像診断装置

超音波診断装置 ARIETTA 850

主な用途
超音波を用いて体内の形状、性状又は動態を可視化し、診断のための画像情報を提供
主な特長
●OLED Monitor(有機ELモニタ)をはじめとしたPure Symphonic Architecture技術により、プレミアム機にふさわしい画像を提供。
●CT・MRI・超音波診断装置のボリュームデータから作成したMPR画像をリアルタイムで超音波画像と同期させるReal-time Virtual Sonographyを搭載(オプション)。
●eFocusing技術により、被検者依存が少なく、浅部から深部まで均一な画像を得ることが可能。
●これまで描出困難であった低流速の血流を表示する新しいイメージング技術Detective Flow Imagingを搭載。独自のアルゴリズムで微細な血流をより高分解能に感度よく描出。
●組織のひずみをリアルタイムに算出するReal-time Tissue Elastographyで、硬さの違いを色付け表示。
●プッシュパルスで生体組織を振動させることによって、せん断弾性波(shear wave)により組織の硬さを定量的に評価可能。
備考
※品番、セット内容等は弊社営業担当者までお問い合わせください。
この製品についてのお問い合わせ・資料請求

  • お問い合わせ
  • デジタルカタログ

    デジタルカタログを閲覧するにはAdobe Flash Playerが必要です。
    お持ちでない場合はこちらからダウンロードしてください。

  • 運動器エコー診療お役立ち資料

    資料のお申し込みは、医師・理学療法師・放射線技師の方限定とさせて頂きます。

  • ポケットエコーmiruco
  • 営業所連絡先一覧
  • amoena
  • ZAMST
  • ロコモチャレンジ!